至兼の、メヒコに完敗(乾杯)

メキシコでの日々、身の回りに起きた色々なことを紹介し、
メキシコをより身近に感じていただければ幸いです。
どうぞよろしくおねがいします。

ー乗り物編ー なりきり芸

メキシコの地下鉄には、色々な人が乗り込んでくる。
乗客だけでなく、物乞いの人、物売りの人、路上アーティスト、フーリガンっぽいサッカーファンなどなど。
大きいリュックにコンボをはめ込み、音楽を流しながら海賊版CDを売り歩く人。
車両を劇場に見立て、突如演劇を始める若者。
椅子と楽器を持ち込んで車両を占拠してコンサートを始める音楽家。。。
その横を学校に行くお金をくださいと、お金を求める子供たち。。。
文房具や、お菓子など、その時の流行りものをぶら下げて歩き回る商人達。
割れたガラスを布の上に広げ、その上に乗りながら、やせ我慢をしてお金を求める若者。。。


メキシコに来始めたころは、こんなカオスっぷりに驚き、ものの木、興味津々。
時におもしろおかしく、時に切なく。
日本では絶対にない光景だと思いながら、
休みの日は用もなく地下鉄に乗り込み人間観察をしたものである。


そんなある日、ぼくは地下鉄ブルーライン2号線にて、
いつもの日課、地下鉄で繰り広げられる人間模様の観察開始。
その日、最初のターゲット、、、、メキシコ在住タモリさん。。。
スポーツ用のサングラス。つえで障害物を確認しながら車内を練り歩く。
左手には半透明のコップを装備。中にはいくら小銭あり。。。
首から何かをぶら下げて、こちらの方に向かってくる。何が書いてあるかはわからんが、
「私は盲目です。お金をください!!」
的なことが、書いてあるのだろう。
でも、いつもと違う雰囲気も。大体盲目の人がお金をもらうとき、
後ろに一人、付き添いが。けれども今日は、それがない。なんでだろう。なんでだろう、、、。何か訳でもあるのかな?


乗客は、コップにお金を。
乗客は、このタモさんが転ばぬよう、道を開けて協力を。
メキシコ人。なんて心がきれいなんだ。
お金を集めるタモさんと、それを支えるメキシコ人の人間ドラマ。
涙腺に響いてくる熱い感情。
すぐさま財布に手をやり、募金の準備を。。。
もうすぐタモリは僕の前を通過する。


その瞬間、車内を襲う急ブレーキ。
ぼくの前でバランスを崩すタモリさん、、、
大丈夫か??そう思った瞬間
杖を離した右手は手すりに向かって一直線。。。
ぼくの目の前をマッハで通り抜け手すりに到着。
右手一本で体を支えるタモリさん。。。。


。。。。。


その時、車内の空気が変わった。。。


見えてるんじゃ???
この人見えてるんじゃ???
この人本当は見えてるんじゃ???
ていうか、絶対に見えてますよね???


乗客の疑惑のシャワーを一身に浴びる偽タモリ。
おかしな空気が流れるのをよそに、
自分のペースで再び練り歩く偽タモリ。。。


バレてるのに、、、見えてるって皆わかってるのに。。。。


次の駅まで練り歩き、ドアが開くと同時に車両を出る偽タモリ。
去り際に車内に一言。
「いったんコマーシャルはいりまーーっす。」


ウソのようなホントの話。。。。
んな、こたぁーない。

ー乗り物編ー 紅

メキシコシティの地下鉄は
急ブレーキ、急発進が日常茶飯事だ。メキシコ人にとっては、お茶の子さいさい。
急ブレーキなんて、なんのその。
僕はただただ、メキシコ人の体幹の強さに、日々驚かされていた。


ぼくが使っていた地下鉄路線の座席シートは
メキシコ地下鉄界でセミクロスシートが主流の中、


アルミ製でツルツルのロングシートを採用。


その座席は、7人掛けで
3人目と、4人目のところに人数を区切るための手すりのようなものが設置されいる。


その日の車両は、どういうわけかとても空いていて、
終点近くになると、座席のはじに僕が座り、反対側に大きいマダムが座っていた。
お金持ちの人はあまり使用しない、メキシコの地下鉄において、
こんなテラテラな、肌触りがよさそうな服を着ている人を見かけるのは珍しい。
このおばはんは、なんで地下鉄なんかに乗っているんだろう。。。
そういえば、今日の座席には、3人目と4人目のところの区切りが見当たらない。。。


なんて考えていると、日常茶飯事の地下鉄名物、急ブレーキが僕らを襲う。
今日の急ブレーキは時間がいつもより長い。。。はじに座っていたぼくは、
手すりの部分に体を押し付けられる格好となり、身動きが取れない。。。


とほぼ同時に、女性の叫び声が近づいてくる近づいてくる近づいてくる、、。
「きゃーーーーー」


テラテラ生地とツルツル座席で勢いづいた、ブヨブヨマダムは一人で
ロングシートをスケルトン。


さらに近づく、悲鳴と巨体。
これってまさか??


ブレーキ制御、もちろん不能のスケルトン。
そのまま、ぼくを肉圧で轢きつぶす。。。
髄を走る電撃とその圧力に、ノックアウト。。。そこでなんとか電車はとまる。
すると今度は跳ね返り。
マダムはなぜだか、ぼくの首をむんずとつかみ、
軽い、ぼくの体は反転、
どういうことか奇跡がおこり、顔がマダムの胸に着地。
懐かしい感じと、鈍痛を感じながら、自問自答。。。ここはどこ、、、目の前にはチョモランマ?なるほどこれが本当のモンブラン??世界最高峰の山の名前が脳しょうを駆け巡る。。。


ようやく、訪れる静寂の時。
僕の眼前にそびえたつ、双子山。。。。
そしてご機嫌ななめな本体双子山。。。
アジア人を突き飛ばし、自分の座席への花道を歩く。そこから放たれる怒りのオーラは烈火のごとし。。。ぼくは、被害者?それとも加害者?


気まずい空気がその場を支配。
あばらと背骨に痛みを。心に深傷をおいながら、ようやく電車は終点に。
双子山は悠々と、降車し自分の花道を行く。
車両に残ったぼくは疲労感でしばらく頭が真っ白に、、、

燃えて真っ白

燃え尽きて真っ白、、

なのに脳裏を離れない紅の残像。。。

あれはもしや、、、マダムのブラジャー?

夕日に染まる、、、双子山?


なるほど、納得、そういうことか。。
あれが本当、正真正銘
スケルトンで、透ける豚。。。つけていたのは、紅の、、、



ー乗り物編ー で、ジャブ―

心と時間に、いつもゆとりを。

こんな言葉を胸に抱き、いつもより30分早く自宅を出発。職場へと向かう。

とある地下鉄の駅を降り、すぐのところのタクシー乗り場。あまり人は並んでいない。次から次へと矢継ぎ早に到着するタクシー。数分すぎてとうとうぼくが先頭に。

僕の後ろには誰もいない。

バックの中から飲み物を取り出して、ふと前を見ると、僕の前に男の子が一人。。。 

ん???何だこの子は?割り込みか??
 少しして、タクシーが到着。とたんに発する男の子。

「お母さん!!」

どこからともなく、鬼こん棒、、、いや、赤ちゃんと荷物を抱いたお母さん登場。。顔の迫力に自然とあとずさり。。。隙を突き即座にタクシーに乗り込む一家。呆然とタクシーを見送る日本人。。。

惨敗を喫したものの怒りを抑え、大きく深呼吸。心の乱れは、生活の乱れ。精神的な疲れを癒すため、もう一度コーラをゴクッといただく。

するとまたまたまた気配を感じる。。。今度は少女がぽつりと出現。。。

何だ??この子も割り込みか??少しして、タクシーが到着。。。今度の少女は何も言わない。。。

彼女の無言を確認し、タクシー乗車に動き出す僕を止めるプレッシャー。

ふりむくと、そこにいますは朝青龍、、、いや、赤ちゃんと、荷物を抱いた、鬼の形相お母さん。。。あまりの顔に、本気でビビる。

もちろんぼくには目もくれず、ドアを手に取り、そのまま乗車。。。呆然とタクシーを見送る日本人。。。

再び、何もできずに完敗を喫す。それでも、こんなことではへこたれない。つぎのチャンスは僕のもの。かばんから、コーラを取り出し、ゴクリと飲み干す。


飲み干し感じる、あの気配。。。こんどは、小さい少年が、僕の前に仁王立ち。イラっとするぜ、こいつの振る舞い。大人をなめると、痛い目見るぜばかやろう!!

タクシーの到着と、同時に鳴り出すサイレンと第3回乗車権争奪戦選手権大会決勝戦のプレイボール。

電光石火先手必勝。先手を取ろうとタクシーへ近づく僕を再び止めるプレッシャー。。今度こそは負けないぞ。横目でちらっと、周囲を確認。心の中で勝手に流れ出す、ダースベーダーソング。。。同時に横手から現れる、筋肉粒々、両腕タトゥーの褐色ヘラクレス。。。

どうぞどうぞ、ご乗車を。あなたの前ではコクワガタ。。。
子供がなぜか自慢げだ、、、威風堂々、タクシー出発。


2度あることは、3度ある。。。

待ってれば いつかは乗れる タクシーに。。